晴れ時々雨のちにさにでんそん!

夢か幻のさにでんそん!

【S3使用】バシャバトンカグヤスタン

S3では以下の構築を使用した。

f:id:tamurasigure:20170516013410p:plainf:id:tamurasigure:20170516022348p:plain

 

f:id:tamurasigure:20170516013438p:plainf:id:tamurasigure:20170516022405p:plain

 

f:id:tamurasigure:20170516022419p:plainf:id:tamurasigure:20170516013455p:plain

 

f:id:tamurasigure:20170516013623p:plainバシャーモ@炎Z 加速 陽気

157(12)-172(252)-91(4)-x-92(12)-141(228)

フレドラ/跳び膝/バトン/守る

f:id:tamurasigure:20170516022914p:plainカプ・コケコ@妖Z 電場 臆病

145-x-116(4)-147(252)-95-200(252)

10万/マジシャ/ボルチェン/草結び

f:id:tamurasigure:20170516013648p:plainメガゲンガー@石 呪われボディ→影踏み 控えめ

167(252)-x-101(4)-220(76)-118(20)-170(156) (メガ後)

ヘド爆/祟り目/催眠/鬼火

 f:id:tamurasigure:20170520000757p:plainガブリアス@襷 鮫肌 陽気

183-182(252)-116(4)-x-105-169(252)

地震/岩石/毒/ステロ

f:id:tamurasigure:20170520001846p:plainポリゴン2@輝石 アナライズ 控えめ

191(244)-x-135(196)-143(36)-116(4)-84(28)

10万/冷B/シャドボ/再生

f:id:tamurasigure:20170516013719p:plainテッカグヤ@残飯 ビーストブースト 控えめ

192(156)-x-123-154(100)-121-113(252)

エアスラ/宿り木/身代わり/守る

 

【構築作成経緯】 

f:id:tamurasigure:20170516013623p:plainというポケモンは性能が高めではあるが,初速が遅いために有利対面でも守るor交代読みという択が発生する。また,後出し性能がないため倒す予定である相手に交代戦により仕事を許してしまうという問題がある。

失敗例)

自分f:id:tamurasigure:20160618023336p:plainf:id:tamurasigure:20170516013719p:plain vs.相手f:id:tamurasigure:20170516022914p:plainf:id:tamurasigure:20170520010102p:plain

f:id:tamurasigure:20170516022914p:plainf:id:tamurasigure:20160618023336p:plainf:id:tamurasigure:20170520010102p:plainf:id:tamurasigure:20170516013719p:plainf:id:tamurasigure:20170516022914p:plain←…)

1.     守る>f:id:tamurasigure:20160618023336p:plain f:id:tamurasigure:20170516022914p:plain<f:id:tamurasigure:20170520010102p:plainバック

(守るにより無償降臨を許す)

2.  バックf:id:tamurasigure:20170516013719p:plain>f:id:tamurasigure:20160618023336p:plain f:id:tamurasigure:20170520010102p:plain<地震

(苦手な相手なので交代)

3.    なんか>f:id:tamurasigure:20170516013719p:plain f:id:tamurasigure:20170520010102p:plain<f:id:tamurasigure:20170516022914p:plainバック

(バシャで倒す予定の相手に交代され仕事を許す)

4.   引けない>f:id:tamurasigure:20170516013719p:plain f:id:tamurasigure:20170516022914p:plain<10万

 (バシャに繰り出し性能がない)

 

しかし上記の問題は,バシャにバトンを持たせることで交代先に釘付け性能(交代を許さない性能)を付与し,解決することができる。

成功例)

自分f:id:tamurasigure:20160618023336p:plainf:id:tamurasigure:20170516013719p:plain vs.相手f:id:tamurasigure:20170516022914p:plainf:id:tamurasigure:20170520010102p:plain

1.     守る>f:id:tamurasigure:20160618023336p:plain f:id:tamurasigure:20170516022914p:plain<f:id:tamurasigure:20170520010102p:plainバック

(守るにより無償降臨を許す)

2. 守バトンf:id:tamurasigure:20170516013719p:plain>f:id:tamurasigure:20160618023336p:plain f:id:tamurasigure:20170520010102p:plain<地震地震

(バトンによりカグヤのSがコケコを上回る)

3.  S+2やどみが>f:id:tamurasigure:20170516013719p:plain f:id:tamurasigure:20170520010102p:plain<引けない

(上から行動できるので交代を許さない)

この後はランドをカグヤで落とし,死に出しコケコにカグヤが落とされる,最後にバシャがコケコを倒して勝ちといったようになる。(例なので身代わり割れないボルチェン云々というツッコミはなしで)

 

上記のような想定をした結果,バシャーモの性能を最大限に生かすにはバトンが必須であると考え,バトン持ちのf:id:tamurasigure:20170516013623p:plainを用いた構築を組もうと考えた。バシャの苦手な地面に強く,加速バトンによるS上昇+やどみがにより強力な釘付け性能を持たせることができるf:id:tamurasigure:20170516013719p:plainを合わせて採用。Z技はバシャに持たせるが,マンダ入りには出しにくい場合が多いと考えられるのでもう1枚のZ技持ちとしてf:id:tamurasigure:20170516022914p:plainを採用。バシャーモを出す際にドヒドイデやヤドラン等の受けが相手にいる場合に決定力が発揮できなくなる場合があるのでサイクルカットができるf:id:tamurasigure:20170516013648p:plainを採用。カグヤが電気や炎に隙を見せるスキを埋めるにはバトンだけでは不十分であるのでそれらに強いf:id:tamurasigure:20170520000757p:plainを採用。最後に,バシャがゲッコウガアシレーヌなどの高火力水にスキを見せる他,ギャラやマンダにも薄いのでそれらをカバーするためにf:id:tamurasigure:20170520001846p:plainを採用して構築が完成した。

 

【個別解説】

 

f:id:tamurasigure:20170516013410p:plain

バシャーモ@炎Z 加速 陽気

157(12)-172(252)-91(4)-x-92(12)-141(228)

フレドラ/跳び膝/バトン/守る

 構築のスタート。S130族と戦いたいのでSに補正をかけた。火力不足のため火力UPアイテムは必須である。珠だと反動による消耗が気になり,本来倒したい相手を倒す前に戦闘不能になる可能性が高まるので,非接触であり反動のない炎Zを選択した。

 

f:id:tamurasigure:20170516022348p:plain

カプ・コケコ@妖Z 電場 臆病

145-x-116(4)-147(252)-95-200(252)

10万/マジシャ/ボルチェン/草結び

 マンダ入りなどに出すもう1体のZ技持ち。技構成はマンダに対する最高打点かつ相手に地面がいても打ちやすい妖Zマジシャ,性能の高い2つの電気技,流行りのカバに対して選出しやすくするための草結びとした。

 

f:id:tamurasigure:20170516013438p:plain

メガゲンガー@石 呪われボディ→影踏み 控えめ

167(252)-x-101(4)-220(76)-118(20)-170(156) (メガ後)

ヘド爆/祟り目/催眠/鬼火

 主にドヒドイデ入りなどガチガチのサイクル構築を崩す目的で採用。中速以下のサイクルを意識しており,場持ちをよくしたい,崩し性能を高めたいといった理由でSを落としてHとCが高くなるように配分した。技構成は最低限の対面性能を高めるために鬼火祟り目ヘド爆を採用,最後に有利対面をとったあと相手のドラン等への交代を許さないために交代先にも一貫して刺せる催眠術を持たせた。

S:

最速ガブ抜き

C:

高めに設定したかったのでとりあえず11n

H-D:

C4振りメガゲンのシャドボ4つ切り耐え

(HP165で実現できている)

 

f:id:tamurasigure:20170516022405p:plain

ガブリアス@襷 鮫肌 陽気

183-182(252)-116(4)-x-105-169(252)

地震/岩石/毒/ステロ

 カグヤと属性上の相性が良いため採用。襷をもっているため初手に置きやすい。メインウエポンの地震,S操作技であり浮いている敵に撃てる便利な岩石のほか,物理受けに刺せる毒,炎タイプの動きを抑制できるステロを採用した。

 

f:id:tamurasigure:20170516022419p:plain

ポリゴン2@輝石 アナライズ 控えめ

191(244)-x-135(196)-143(36)-116(4)-84(28)

10万/冷B/シャドボ/再生

 マンダギャラやアシレゲッコあたりに強い駒として採用。耐久振りマンダにも舞を許さないためにアナライズとし冷Bを持たせた。電気技は放電だとギャラへのダメージが足りないので10万ボルトを採用した。他には回復技で便利な再生を持たせて,ラスト1枠は構築でミミッキュやガルドが重いためシャドボを持たせた。

H:

奇数の最大

C:

冷Bでコケコの電気Z耐えマンダを高乱数1発で落とす程度

(慎重HDマンダにPP勝負されてもシャドボ→冷Bで高乱数で落とせる)

10万でH4ギャラドスがちょうど確2になる程度

B:

陽気マンダの捨身確定2耐え

S:

アシレーヌの上から再生できるように多め

 

f:id:tamurasigure:20170516013455p:plain

テッカグヤ@残飯 ビーストブースト 控えめ

192(156)-x-123-154(100)-121-113(252)

エアスラ/宿り木/身代わり/守る

 バシャバトンと相性が良いため採用。S+1で100族やレボルトを抜くために準速。エアスラでの崩し能力を上げるため,マンダ等の起点になりにくいようにするためにCに補正をかけた。技構成はバトンからつないだときに強いやどみが,一致の汎用打点かつ怯みによる崩しが狙えるエアスラ,宿り木と相性のよい守るを採用している。

S:

準速(+1でレボルトまで抜ける)

H:

残飯の回復量意識の16n

C:

11n

バシャに対して身代わりへのフレドラ反動+エアスラで3つ切りで倒せる程度

 

【反省等】

・実績

S3シングルレート2000達成

・構築について

バシャを始点として組んだが,このポケモンはHPフルからの対面で勝てる相手が多くなく,さらにはマンダや高火力水など強いポケモンにもスキを見せるために中心のポケモンとして活躍させるのは厳しそうだと感じた。対面で勝てそうなゲンガーやコケコを相手にできた場合でも身代わりを持っていることも多く,安定した活躍ができなかった。スタンダードなバシャバトンが活躍するには,6世代環境のようにガルーラやゲンガーが環境の中心にいないと厳しいのかもしれない。

また,構築全体では岩石毒エアスラ宿り木膝鬼火と命中率が100%ではない技を打つ機会が多く,低耐久でカツカツな動きをするために外した際のdisアドを取り返せない場合が多いのも弱いと感じた。

構築として特に重かったポケモンミミッキュやバシャなど。

・単体について

 f:id:tamurasigure:20170516013623p:plainAS炎Zバトンバシャ

上記のような問題があった他,跳び膝が霊や守るの択になること等もあり安定感がなかった。メガバシャが解禁されてこの構築が改善されるかというと微妙である。

f:id:tamurasigure:20170516022914p:plainCS妖Zコケコ

妖Zは決定力は電気Zに劣るが,一貫しやすい技なので2枚目のZとして使うのには良いと思った。

 f:id:tamurasigure:20170516013648p:plain控えめHcs鬼火催眠メガゲン

Sを落としたせいでマンダやグロス等の準高速ポケモンに出せないというデメリットはあったが,相手を絞った分パワーが出せたので悪くはないと思った。

 f:id:tamurasigure:20170520000757p:plainAS襷毒ステロガブ

戦える範囲が広いので初手に出しやすく,2枚目につなぐのにも適していると感じた。よくガブバシャカグヤといった選出をしていた。

f:id:tamurasigure:20170520001846p:plain控えめHB輝石アナポリ

戦える範囲は広く見えるが,相手にウルガモス等の起点にしてくるポケモンがいる場合は簡単に出せないので思ってたほどの汎用性はなかった。等倍受けで回復頻度が多くなりがちなのもこのポケモンの弱さだと思う。しかし,そこそこ活躍の機会はあった。

 f:id:tamurasigure:20170516013719p:plain控えめhcS残飯やどみがカグヤ

バトンしない場合でもドランやレヒレの上をとっている場合がよくあり,easy-winすることがそこそこあったのでS振りの恩恵はバトン以外にも少しはあった。しかし,Sに努力値を多く割いたために耐久に少し物足りなさを感じた。今回はバトンと絡めるためにこのような努力値配分になったが,単体でパワーを出したいのであれば,汎用性を上げるためにHCベースのものにしたいと感じた。

 

QRチーム】

3ds.pokemon-gl.com

 

以上。 

【第4回背伸びオフ優勝】カバゲンカグヤ@3

 

第4回背伸びオフ(2017年3月18日)に参加し,以下の構築を使用した。

f:id:tamurasigure:20170516013405p:plainf:id:tamurasigure:20170516013410p:plain

f:id:tamurasigure:20170516013423p:plainf:id:tamurasigure:20170516013438p:plain

f:id:tamurasigure:20170516013449p:plainf:id:tamurasigure:20170516013455p:plain

 

f:id:tamurasigure:20170516013612p:plainミミッキュ@妖Z 化けの皮 陽気

131(4)-142(252)-100-x-125-162(252)

じゃれつく/身代わり/呪い/痛み分け

f:id:tamurasigure:20170516013623p:plainバシャーモ@襷 加速 うっかりや

155-146(44)-90-177(252)-81-128(220)

火炎放射/跳び膝/めざ氷/守る

f:id:tamurasigure:20170516013635p:plainメガガルーラ@石 肝っ玉→親子愛 陽気

181(4)-176(244)-121(4)-x-121(4)-167(252) (メガ後)

猫/捨身/地震/不意

f:id:tamurasigure:20170516013648p:plainメガゲンガー@石 呪われボディ→影踏み 臆病

135-x-101-222(252)-115-200(252) (メガ後)

ヘド爆/祟り目/催眠/身代わり

f:id:tamurasigure:20170516013704p:plainカバルドン@ゴツメ 砂起こし 腕白

215(252)-132-187(252)-x-93(4)-67

地震/吹き飛ばし/欠伸/ステロ

f:id:tamurasigure:20170516013719p:plainテッカグヤ@マゴ ビーストブースト 陽気

200(200)-125(28)-124(4)-x-125(28)-121(228)

ヘビーボンバー/岩雪崩/ニトチャ/宿り木

 

【構築作成経緯】

当時話題になっていた呪いf:id:tamurasigure:20170516013612p:plain+猫f:id:tamurasigure:20170516013635p:plainを使ってみたいと思ったのが構築作成のきっかけである。上記2体だと削りを入れられた後にスカーフテテフ等の高速エースに一貫を作られて負けやすいと考えたのでf:id:tamurasigure:20170516013719p:plainを採用。次にガルーラが出しにくい相手に出すメガとして,当時話題になっていた受けルに強く,味方の呪いや宿り木とも相性が良いと思われる身代わりf:id:tamurasigure:20170516013648p:plainを採用。また,呪いミミ+猫ガル@1の選出を考えたときに対面性能が高く,数的有利をとれるポケモンが相性が良いと思ったのでボーマンダや当時話題になってたステロ+カミツルギにも強い襷f:id:tamurasigure:20170516013623p:plainを採用。最後にボルチェンの一貫が気になったので無効枠の中で汎用性が高いと思ったf:id:tamurasigure:20170516013704p:plainを採用して構築が完成した。

 実戦では呪いミミ+猫ガルが強くないことに気付いたが,代わりにカバゲンカグヤの並びが戦える並びであると感じたのでそれをメインにして戦っていた。

 

【個別解説】

f:id:tamurasigure:20170516013405p:plain

ミミッキュ@妖Z 化けの皮 陽気

131(4)-142(252)-100-x-125-162(252)

じゃれつく/身代わり/呪い/痛み分け

 構築の始点だったはずのポケモン。構成はテンプレ。

 

f:id:tamurasigure:20170516013410p:plain

バシャーモ@襷 加速 うっかりや

155-146(44)-90-177(252)-81-128(220)

火炎放射/跳び膝/めざ氷/守る

 対面性能が高い数的有利が取れるポケモンであると思い採用。調整は6世代のテンプレを流用。ボーマンダに強いことや炎打点を持てることも採用のポイントである。

 

f:id:tamurasigure:20170516013423p:plain

メガガルーラ@石 肝っ玉→親子愛 陽気

181(4)-176(244)-121(4)-x-121(4)-167(252) (メガ後)

猫/捨身/地震/不意

 呪いミミと組むはずだった猫ガルーラ。対ミミッキュやS100族との対面を意識して最速。技構成は対面性能を上げる猫+捨身のほかストッパー性能の不意,ラスト1枠は構築単位で重いギルガルドに対して打ちやすく非接触で便利な地震

 

f:id:tamurasigure:20170516013438p:plain

メガゲンガー@石 呪われボディ→影踏み 臆病

135-x-101-222(252)-115-200(252) (メガ後)

ヘド爆/祟り目/催眠/身代わり

 裏メガのつもりで採用したが表が弱いと感じたのでメインになったポケモン。受けル意識の身代わりをまず採用。カグヤの宿り木との相性を考えてCS振りにし,後に採用したカバの欠伸との相性を考えて抜きエースとして使うのが良いと考えたので最終的にこのような構成となった。

 

f:id:tamurasigure:20170516013449p:plain

カバルドン@ゴツメ 砂起こし 腕白

215(252)-132-187(252)-x-93(4)-67

地震/吹き飛ばし/欠伸/ステロ

 電気の一貫性を切れて汎用性の高いポケモンとして採用。ステロが強い環境であったのと,サイクルが何回も回る構築ではないためにこのような技構成となった。

 持ち物調整については,ゴツメに接触するかつ削りが有効な場面が少ないと感じ,それよりも行動回数を増やすことや行動できる相手を増やすことが大事であると感じたので,オフ後のレートでは慎重HD@オボン(スカーフテテフのサイキネ高乱数2耐え)で使っていた。

 

f:id:tamurasigure:20170516013455p:plain

テッカグヤ@マゴ ビーストブースト 陽気

200(200)-125(28)-124(4)-x-125(28)-121(228)

ヘビーボンバー/岩雪崩/ニトチャ/宿り木

 相手のスカーフ持ちなどへのクッションとして採用。絶妙な耐久値を持つポケモンであり,Z技を受けてマゴがちょうど発動することが多いので初手カバが不利対面をとった際のクッションとしても役に立った。技構成は最大打点のヘビボン,味方のウルガモスに対するケアを不要とするためのニトチャ+雪崩,ゲンガーの身代わりと相性が良いほか雪崩と合わせて高耐久を突破するための宿り木。

A:

H4B4振りカミツルギをニトチャで確2

ビーストブーストで上昇

S:

+1で最速カミツルギ抜き(+ルカリオ抜きまで)

殻破襷パルシェンに抜かれてヘビボン2発で落とす

HBD:

DL対策+Hを4n

 

ビーストブーストは攻撃値上昇が一番強い

パルシェン抜かれは偶発対面を意識したが役に立つ場面はなかったので,意地ガッサ抜きをしたほうがよかったかもしれない

 

 

【反省等】

・実績

第4回背伸びオフ優勝(予選ブロック6-1,決勝トーナメント5連勝)

S2シングルレート2000達成

・構築について

コンセプトの呪い+猫は数的有利が必要な上,相手の交代に対して強い動きがないので弱かった。代わりに別選出として入れていたカバの欠伸展開+ゲンガーが強力であると感じたので,クッションとして相性の良いカグヤと合わせてメインとして戦った。

構築全体としては相手のコケコやゲンガー等の高速エース,ギャラドスやガッサ等に薄いので,今回弱いと感じたミミガルバシャの枠をそれに合わせて変更することが必要。

・単体について

 f:id:tamurasigure:20170516013612p:plainAS妖Z呪いミミ

構築とのシナジーが薄いと感じた。呪い+猫は交代に弱い,呪い+メガゲンの身代わりは最終的に身代わりのないHPの削れたゲンガーが残るだけなので弱い。

 f:id:tamurasigure:20170516013623p:plainCS襷バシャ

対面性能が高いと思い採用したが,簡単に受けられて崩し性能も低いので数的有利をとりに行く枠として適切でなかった。

f:id:tamurasigure:20170516013635p:plainAS猫ガル

構築の崩し性能が低いため,猫捨身の火力を生かせる想定ができなかった。ゴツメ等で少し削れると今作に多い強力な高速エースの一貫を簡単に作らせてしまうといった点も選出しにくい要因だった。ガルド入りや積み展開へのストッパーとして選出して役に立つことはあった。

 f:id:tamurasigure:20170516013648p:plainCS催眠身代わりゲンガー

カバの欠伸展開から身代わりを展開するのが強力だった。そのような展開がうまくいかないことも多かったが,単純な高速エースとしても活躍してくれた。

 f:id:tamurasigure:20170516013704p:plainステロ欠伸展開カバ

ゲンガーとセットで活躍した。蓄積を稼ぐゴツメHBより行動回数を稼ぐ木の実HDのほうが良いと感じた。レヒレゲッコウガアシレ等が気になるが,カグヤをクッションにしながらゲンガーで1体倒す計算がしやすいのでそこまで問題にならなかった。

 f:id:tamurasigure:20170516013719p:plainHSマゴカグヤ

クッション性能が高く便利だった。カグヤ対策が甘い相手がそこそこいたので1体で大きなアドバンテージをとれることもあった。

 

QRレンタルチーム】

3ds.pokemon-gl.com

 

 以上。

【6世代】HDタラプビルドバシャバトン+はやおきガルーラ

 S17に考えたやつ

下書きにあったので適当更新

 

バシャでクレセを呼んでビルドバトン

ガルーラは早起きを生かした眠る持ちで状態異常を絡めた処理を拒否できる

 

f:id:tamurasigure:20160618023353p:plainf:id:tamurasigure:20160522142033p:plain

 

f:id:tamurasigure:20160618023336p:plainバシャーモ@タラプ等 加速 

HDベース(省略)

ビルドアップ/守る/バトンタッチ/何らかの攻撃技

 

f:id:tamurasigure:20160522142212p:plainガルーラ@メガ石 早起き→親子愛 意地っ張り

197(132)-178(132)-151(244)-x-120-120 メガ後 (参考)

秘密の力/眠る/寝言/何らかの攻撃技(嚙み付く,岩雪崩等)

陽気ガブの逆鱗2発大体耐え

秘密2発でガブ落とす(記憶があいまい)

 

 

replay.pokemonshowdown.com

 

バシャでクレセを呼び、攻撃を受けてタラプの実でDアップ。

ビルドは2回以上積むことができる。

 

バトン先のガルーラは眠る+早起きで回復可能で状態異常にも強い

ウエポンは眠ったターン等に痺れが狙えるかつ非接触で便利な秘密

眠る寝言を入れた残りの1枠には寝言で出た際に眠りターンの誤魔化しができることやバトンが満足に成功しなかった際にも突破力を持てる噛みつくが候補

 

一応吠えるのないスイクン等も起点にできる

 

 

★眠るのターンの仕様

3カウントがあり、0になったターンに目が覚めて行動する

通常ターンごとに1消費、早起きだと2消費する

そのため素ガルーラで1ターン消費(-2)、次のターンでメガシンカ(-1)でもカウントが0になるため起きて行動することができる

 

ちなみに通常の催眠技等での眠り状態のカウントは2~4であるため最長眠り判定だと早起き+メガで起きないので注意

早起き消費で寝かされた直後に起きることもある

 

 

 

 

【簡易更新】S17早期2000達成構築

f:id:tamurasigure:20160815193642j:plain

 

今期いろいろと絶望したので更新。(潜らないとはいっていない)

構築は某超有名人気生放送主のものを参考にした。

 

 

 

f:id:tamurasigure:20160522141545p:plain

ボルトロス 穏やかHDs オボン

電磁波威張る10万身代わり

 

起点をつくりたい。威張り穀したい。草結びは弱いので身代わり持ち。

Sはもちろん139。

 

 

f:id:tamurasigure:20160522141604p:plain

メタモン 変わり者 襷

 

めざ岩の個体がほしいが厳選がめんどう。

 

 

f:id:tamurasigure:20160815194426p:plain

ピクシー 天然 図太いHBs アッキ 

ムンフォ縮小月光瞑想

 

避けないゴミ。毒殺されるゴミ。滅んでほしい。

ガルーラ読みで初手投げして3タテしたときだけ気持ちよかった。

(対戦後切断された)

 

 

f:id:tamurasigure:20160522141618p:plainf:id:tamurasigure:20160522141618p:plainf:id:tamurasigure:20160522141618p:plainf:id:tamurasigure:20160522141618p:plainf:id:tamurasigure:20160522141618p:plain

オニゴーリ ムラっけ 

臆病 177-x-123-101-101-130 残飯

みがまも零度氷の息吹

 

HP16n+1の最大かつ陽気ガルーラの捨身耐え残りS(準速80族との同速は避けている)。

某氏から教わった”美しい”調整(オススメ)。前期使ったものは自分でも調整が気持ち悪いと思っていたので某氏には感謝。ちなみにBSゴーリよりもHPが高いのでメガサーナイトのハイボのラインがだいぶ変わる。

オニゴーリは物理方面からの被弾が多いのでB振りがとても有効であると考えている。

 

 

f:id:tamurasigure:20160522142033p:plain

ガルーラ 肝っ玉 陽気AS メガ石

冷凍パンチなんかなんかなんか

 

冷凍パンチがメインウェポン。

 

ちょww交代ってwww冷パン一貫してるんですがwww猫うつと思った?

はー◯み◯ん

 

このパーティーのこいつは雑に使うと強い。

 

 

f:id:tamurasigure:20160815201343p:plain

シャンデラ 持ち物:粉バロw

 

A:シャンデラの持ち物は?

Q:粉バロw

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

^で^で^で^で^で^で^で^で^で^で^で^で^で^で^で^で^で^で^で^

 

 

最高レート:2011 最高瞬間順位:5位 (2016/08/14現在)

TN:デミル

 

 

質問、要望等あればお気軽にTwitterへ @denson_rainy   @denson_sunny←これ

時間があるときに返信します。

 

 

以上

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

流石にたむらさんの構築記事酷いな…

f:id:tamurasigure:20160815202609p:plain

【S16最終2166・最高2180】ボルトメタゴーリガルガブゲン【対面+害悪】

S16では以下の構築を使用した。

f:id:tamurasigure:20160522141545p:plainf:id:tamurasigure:20160522141604p:plain

f:id:tamurasigure:20160522141618p:plainf:id:tamurasigure:20160522142033p:plain

 

f:id:tamurasigure:20160522141717p:plainf:id:tamurasigure:20160522142105p:plain

 

f:id:tamurasigure:20160522142140p:plainボルトロス@オボン 悪戯心 図太い

184(236)-x-132(240)-145-101(4)-135(28)

十万ボルト/めざ氷/電磁波/威張る

f:id:tamurasigure:20160522142147p:plainメタモン@襷 変わり者 (性格不問、めざ氷、DL調整、S低)

155(252)-x-x-x-x-x

変身/x/x/x

f:id:tamurasigure:20160522142158p:plainオニゴーリ@残飯 ムラっけ 図太い

161(44)-x-144(244)-100-100-128(220)

守る/身代わり/絶対零度/氷の息吹

f:id:tamurasigure:20160522142212p:plainガルーラ@メガ石 肝っ玉→親子愛 意地っ張り

197(132)-159(236)-115(116)-x-101(4)-113(20) メガ前

197(132)-192(236)-135(116)-x-121(4)-123(20) メガ後

秘密の力/不意打ち/炎のパンチ/グロウパンチ

f:id:tamurasigure:20160522142225p:plainガブリアス@スカーフ 鮫肌 意地っ張り

183-200(252)-116(4)-x-105-154(252)

逆鱗/地震/ストーンエッジ/炎の牙

f:id:tamurasigure:20160522142238p:plainゲンガー@命の珠 浮遊 臆病

135-x-81(4)-182(252)-95-178(252)

祟り目/ヘドロ爆弾/催眠術/道連れ

 

 今期は新しい構築を使用しようと試行錯誤していたが思うように勝てず、前期の構築を再び使用していたところスムーズにレートを伸ばして行けたため同じものを使用することにした。オニゴーリの調整のみ変更点となっている。

 

 以下に採用した各ポケモンの個別解説を示す。

 

f:id:tamurasigure:20160522141545p:plain

ボルトロス@オボン 悪戯心 図太い

184(236)-x-132(240)-145-101(4)-135(28)

十万ボルト/めざ氷/電磁波/威張る

  対面構築に使用されるボルトに威張るを入れ、起点作成も行えるようにしている。相手のボルトには強くないので選出が予想される場合は他のポケモンを合わせにいく必要がある。威張るという技は起点作成のほかにもガブに対してめざ氷+威張る自傷で落とすことができたり、物理を削ってから威張ることで突破しアドバンテージを得ることができ非常に強力だった。威張るで突破できなくても裏のガルーラの不意打ちや高速アタッカーでリカバリーできるので特に問題はない。物理に対して行動回数を稼げるのは起点作成の際も優秀だった。

 

 

f:id:tamurasigure:20160522141604p:plain

メタモン@襷 変わり者 (性格不問、めざ氷、DL調整、S低)

155(252)-x-x-x-x-x

変身/x/x/x

 対面系や積み系、ヘラクロス入り等に対して出すことがある。選出率がかなり低いので検討されるべき枠である。しかし選出制限や積み抑制の役割を担うことができると考えられ、出した試合は割と活躍したので最後まで変更を行わなかった。

 

 

f:id:tamurasigure:20160522141618p:plain

オニゴーリ@残飯 ムラっけ 図太い

161(44)-x-144(244)-100-100-128(220)

守る/身代わり/絶対零度/氷の息吹

 前回との変更点である図太いBSオニゴーリ。B11n+1で高く、準速ガッサ近辺ラインを抜くラインを確保しつつH16n+1。従来使われていた最速オニゴーリのSは過剰だと考え、耐久に振ることで身代わりを残しやすくなったりガルーラに強くなるのでこのような調整となった。物理耐久指数は従来のものの1.3倍程度となっている。この調整にしたことでガルーラ入りにも出やすくなり選出率が上がったので正解だった。B+6でガルーラの親子捨身を身代わりが耐えたときは流石だと思った。他にも相手のガブのスカーフ逆鱗でゲンガーが突破された後このオニゴーリを出すことで逆鱗を受けながら身代わりを貼り守ることで身代わりを残しながら混乱させて起点にするといった動きも可能である。SをきったデメリットはS+1でメガゲンロップ等を抜けないことであるがほとんど気にならなかった。

 

 

f:id:tamurasigure:20160522142033p:plain

ガルーラ@メガ石 肝っ玉→親子愛 意地っ張り

197(132)-159(236)-115(116)-x-101(4)-113(20) メガ前

197(132)-192(236)-135(116)-x-121(4)-123(20) メガ後

秘密の力/不意打ち/炎のパンチ/グロウパンチ

 最強のポケモンであり汎用性の高いhAbガルーラ。対面性能、崩し性能ともに素晴らしくほぼ毎試合選出をしていた。炎のパンチは噛み砕くとの選択だがパーティで重いナットレイハッサムに強い炎のパンチを選択している。物理受けに対してグロパンで突破しにいかず秘密麻痺によりゴーリの起点にしていくこともある。もちろん物理受けを崩して裏のスカガブを通しに行く動きもできる。

 

 

f:id:tamurasigure:20160522141717p:plain

ガブリアス@スカーフ 鮫肌 意地っ張り

183-200(252)-116(4)-x-105-154(252)

逆鱗/地震/ストーンエッジ/炎の牙

 対面性能の高いスカーフガブリアス。ボルトガルゲンあたりと組ませ対面選出をすることができる。メガゲンバシャロップ等の厄介な高速エースに強いほか、環境に多くいて出てきやすかったウルガモスにも強い駒であるので非常に重宝した。

 

 

f:id:tamurasigure:20160522142105p:plain

ゲンガー@命の珠 浮遊 臆病

135-x-81(4)-182(252)-95-178(252)

祟り目/ヘドロ爆弾/催眠術/道連れ

 相手のガルーラへのクッションとなり、11交換を狙えるほかオニゴーリの苦手なハイボフェアリーに強いゲンガー。技構成はフェアリーへの処理性能が高い珠ヘド爆、11交換を狙えて汎用性の高い道連れが確定で、残り2枠は強い構成である催眠祟り目を入れた。命の珠は削り性能が高く優秀であったが、HPが珠ダメで落ちるところまで削れると道連れで11をとることができなくなってしまうことがあり、その辺の不安定さは気になった。

 

 

 

 実際の対戦での各ポケモンの選出率は、ガルーラ>ボルト、ゲンガー、ガブ>オニゴーリ>>メタモンの順であった。前期は対面選出が多かったが今期は調整を変えたこともありオニゴーリを出して行くことが多くなり、戦い方の幅が広がったので良かった。前期から使用し続けてきたので自身の構築への理解度も上がり安定して戦えるようになった。最終日の深夜に2100付近から潜り始めたが2ROMとも21を切ることなく戦うことができレートを伸ばすことができた。実力不足で22チャレまで到達することはできなかったが良い戦いはできたと思う。

 

最高レート2180

最終レート2166(36位,TN:たむらしぐれ)、2152(39位,TN:さにでんそん)

 

f:id:tamurasigure:20160719223553j:plain

f:id:tamurasigure:20160719223607j:plain

f:id:tamurasigure:20160719223617j:plain

f:id:tamurasigure:20160719223650j:plain  f:id:tamurasigure:20160719223710j:plain

 

ラム鬼火叩きバシャーモ

f:id:tamurasigure:20160618023353p:plain

 

f:id:tamurasigure:20160618023336p:plainバシャーモ@ラム等 加速 意地っ張り

171(124)-187(236)-93(20)-x-91(4)-116(124)

跳び膝蹴り/叩き落とす/鬼火/守る

H-B:A200ガブの逆鱗最高乱数切り耐え(=火傷地震確定耐え)

A:11nでできるだけ高く(B4振りガブが火傷2回膝で乱数12.5%、3回+膝で184~)

S:+1で陽気最速ガブ抜き、+2で準速スカガブ抜き

 

選出の幅を広げるためにガブと最悪初手対面したときでも11交換を狙える鬼火バシャを考えた。スカーフを持たないガブに対しては守って鬼火を入れることで地震を耐えることができるので膝と合わせて11交換できる。初手スカガブはこのような型およびメガバシャを考慮しなければ裏にも一貫しやすい逆鱗をうってくる可能性が高いので耐えて鬼火で切り返すことができる。

また、鬼火を入れたことにより交代により出てくる受けのポケモンに対して崩しが行えると考えられるのでより崩し性能を高められる叩き落とすを採用している。ラムのみを持たせることで無理やり欠伸で起点を作ろうとしてくるカバにも居座って攻撃を続けられる。ラムのみは他にもボルトの電磁波耐性、ゲンガーのヘド爆毒耐性、交代読み補助技耐性など恩恵が多い。鬼火のない素でもマッパを2耐えする耐久があるためキノガッサにも強い。

 

欠点は当然ながら鬼火外しによる負け筋があること、その他はSが遅いため+1でゲッコウガやゲンガー等を抜けないこと、月の光クレセを鬼火+叩きで押すことができない(火力が足りず回復が追い付く)等

 

持ち物について他の候補はイトケの実(水半減)、悪プレート等

イトケの実は厨パでつらくなる可能性のあるゲッコウガ耐性がつくほかスイクンやブルンへの居座り、鬼火を入れる前のマリのアクジェ耐性がつくなどの利点ができる。(ちなみにH振りマリは交代際叩き→鬼火→守る→膝→守るで乱数で良い乱数で落ちる)

悪プレートはピンポイントだが交代際クレセに鬼火→守る→叩き→叩きで確定で落とせるようになる(間で回復されたら無理だが)

 

ガブリアスを意識した結果耐久値のある場持ちのよい居座り性能が高い型になった。

生半可な受けに対しては鬼火を絡めて引かずに殴り続けられる。

 

 

追記

Sが遅いのが気になるので最速110族とメガルカリオを抜くことができる

171(124)-181(196)-93(20)-x-91(4)-121(164)

のほうが良いと思われる

Aを切ったぶんガブに対して火傷3回+膝で最低乱数を引くと落ちない。

また、火傷2回+膝では急所以外落ちない。

使用した感じ持ち物はやはりラムが一番強い。

スカガブに地震を打たれて負けることもあるのでシュカの実を持たせるのも良いかもしれない。

【S15シングル最終2110(104位)】ボルトメタゴーリガルガブゲン【対面+害悪】

S15では以下の構築を使用した。

f:id:tamurasigure:20160522141545p:plainf:id:tamurasigure:20160522141604p:plain

f:id:tamurasigure:20160522141618p:plainf:id:tamurasigure:20160522142033p:plain

 

f:id:tamurasigure:20160522141717p:plainf:id:tamurasigure:20160522142105p:plain

 

f:id:tamurasigure:20160522142140p:plainボルトロス@オボン 悪戯心 図太い

184(236)-x-132(240)-145-101(4)-135(28)

十万ボルト/めざ氷/電磁波/威張る

f:id:tamurasigure:20160522142147p:plainメタモン@襷 変わり者 (性格不問、めざ氷、DL調整、S低)

155(252)-x-x-x-x-x

変身/x/x/x

f:id:tamurasigure:20160522142158p:plainオニゴーリ@残飯 ムラっけ 臆病

177(172)-x-100-100-111(84)-145(252)

守る/身代わり/絶対零度/氷の息吹

f:id:tamurasigure:20160522142212p:plainガルーラ@メガ石 肝っ玉→親子愛 意地っ張り

197(132)-159(236)-115(116)-x-101(4)-113(20) メガ前

197(132)-192(236)-135(116)-x-121(4)-123(20) メガ後

秘密の力/不意打ち/炎のパンチ/グロウパンチ

f:id:tamurasigure:20160522142225p:plainガブリアス@スカーフ 鮫肌 意地っ張り

183-200(252)-116(4)-x-105-154(252)

逆鱗/地震/ストーンエッジ/炎の牙

f:id:tamurasigure:20160522142238p:plainゲンガー@命の珠 浮遊 臆病

135-x-81(4)-182(252)-95-178(252)

祟り目/ヘドロ爆弾/催眠術/道連れ

 

 私がこの構築を組んだきっかけは、私自身が以前ボルトメタクレフゴーリガルゲンのいわゆる害悪パの並びを使用していたこと、今シーズン序盤にプレイング力を鍛えるためにボルトガブガルゲンバシャスイクンのいわゆる厨パの並びを使用していたことに起因する。

 害悪パの並びはクレッフィーの用途がボルトと被る部分が多く他のポケモンを入れることで戦い方の幅が広がる、厨パの並びはガルガブゲンボルトでスイクンバシャを抜いても十分に戦えるスペックがある、とそれぞれ感じたので害悪パのクレッフィーの部分をガブリアスに変更して、試験的に両構築のハイブリッド構築を作成した。(実際には構築の内容は害悪パに対面要素を加えたというよりも対面に害悪要素を加えたものに近い)

 

 以下に採用した各ポケモンの個別解説を示す。

 

f:id:tamurasigure:20160522141545p:plain

ボルトロス@オボン 悪戯心 図太い

184(236)-x-132(240)-145-101(4)-135(28)

十万ボルト/めざ氷/電磁波/威張る

  害悪パのボルトでは一般には穏やかボルトが使用されるが厨パのようにクッションの役割をさせる選出をする場合が多いので図太いHB。技構成も草結びや身代わりが本来採用されやすいが汎用性の高いめざ氷としている。草結びがないためカバが重くなるが、害悪パに対してガブやランドでボルトで見ようとしてくる相手にめざ氷は刺さった。威張るを採用しているが威張らなくてもそれらのポケモンを処理できるので数的有利を作り後続に威張るや電磁波を入れメタモンにつなぐ動きは強かった。

 害悪展開する際に穏やかと比べると図太いは相手のボルトに弱いというデメリットはあるが、そもそも穏やかボルトでも身代わりがない場合特別優位となる相手はそれ以外にほとんど存在しないと考えており、物理に対して威張らずとも戦えるHBは一考の余地があると思われる。この構築の場合相手のボルトに対しては後述のガルガブゲンで戦え、相手のボルトを削ってからこちらのボルトで展開するといった動きも可能である。

 

 

f:id:tamurasigure:20160522141604p:plain

メタモン@襷 変わり者 (性格不問、めざ氷、DL調整、S低)

155(252)-x-x-x-x-x

変身/x/x/x

 ボルトの電磁波威張るからつなぐポケモン。選出画面で物理を威張ってコピってアドバンテージをとっていける展開が想定できるときに選出する。展開を想定して出していかないと意外と腐ることが多いので注意が必要。相手の特殊ポケをガルーラで処理してボルトメタモンで勝つというパターンは多かった。

 めざパについては岩との選択。氷はコピったあとの技範囲は広くなる場合が多いが、岩より氷のほうが良かったという場面があまりなくガモスに打ちたい場面もあったので岩のほうが良いかもしれない。正直機会自体は少ないのでどちらでもよい。

 持ち物は後述のガブリアスとの兼ね合いがあるが、動きやすさを優先して襷をもたせた。スカーフも一考の余地がある。

 

 

f:id:tamurasigure:20160522141618p:plain

オニゴーリ@残飯 ムラっけ 臆病

177(172)-x-100-100-111(84)-145(252)

守る/身代わり/絶対零度/氷の息吹

 運ゲ。地震入りよりも不利相手にワンチャン残しやすい零度。Sラインの低い構築に出していきたいが簡単に出していけるような構築が少ないように感じた。他のメンツできつい構築に無理やり出すようなことが多かったくらいで正直活躍は微妙だった。このポケモンのおかげで選出は多少読みやすくはなった。

 

 

f:id:tamurasigure:20160522142033p:plain

ガルーラ@メガ石 肝っ玉→親子愛 意地っ張り

197(132)-159(236)-115(116)-x-101(4)-113(20) メガ前

197(132)-192(236)-135(116)-x-121(4)-123(20) メガ後

秘密の力/不意打ち/炎のパンチ/グロウパンチ

 最強のスペックをもったポケモン。ボルト展開読みで出てきやすいガブリアスゲッコウガ等のポケモンに安定する耐久振り。オニゴーリを出せない場合に相手の耐久ポケモンが障壁となるので崩し要素を持たせるためにグロパン持ちで、安定した打点となる秘密+縛り性能を合わせもつ不意。残りの枠は噛みと選択になる場合が多いが、害悪系統にでてきやすいナットやハッサムを簡単に処理できる炎のパンチとしている。

 この構築におけるガルーラは害悪系に出てくるポケモンへの安定性や崩し性能を考えるとこの型がかなりマッチしていると思ったが、重いカバへの処理を考えると氷技持ちの他の構成も考察の余地があると思われる。

 

 

f:id:tamurasigure:20160522141717p:plain

ガブリアス@スカーフ 鮫肌 意地っ張り

183-200(252)-116(4)-x-105-154(252)

逆鱗/地震/ストーンエッジ/炎の牙

 対面性能の高いガブリアス。持ち物はメタモンに襷をとられていることもありスカーフ。ライボライコウ等の高速電気や重いミミロップにも強いのでスカーフは構築にマッチしていたようにも感じる。配分は相手のガブにはガルーラやボルトが対面で戦えることもあったのでBに振って秘密ガルに強くしても良いと思ったがガモス等へのストッパーの役割を持てるので準速で正解であると思われる。技構成はよくあるものにしたが後半の枠は相手にニンフ等がいる場合に一貫して打つためのアイヘや毒づきも選択肢となる。

 

 

f:id:tamurasigure:20160522142105p:plain

ゲンガー@命の珠 浮遊 臆病

135-x-81(4)-182(252)-95-178(252)

祟り目/ヘドロ爆弾/催眠術/道連れ

 厨パで使われる催眠祟り目ゲンガー。ガルガル対面での引き先として優秀であるほか相手との11交換により数を詰めてボルト展開やガルガブでの詰めなど便利な面が多かった。初手ガルーラでヘラやブシンと対面したときの安定の引き先とするためにB振りメガ石にする選択もあったが、ガルゲン両選出が非常に多いためパワーを持たせるために珠を持たせた。耐久の低さや珠のHP減少により安定性は多少低かったが、珠C振りの削り性能は高く、道連れできない場合でも最低限裏の圏内に持っていくという動きもできて強いと思った。ラス1ガル対面でも速度が速いためにワンチャンとりやすくなった。技構成は11とるための道連れとフェアリーへの打点および汎用打点としてヘド爆は必須で、残りは不利なカバ系にも仕掛けられて強い技構成である催眠祟り目となった。

 

 

 

 実際の対戦での各ポケモンの選出率は、ガルーラ>>ゲンガー>ボルト>ガブ>メタモンオニゴーリの順であった。基本的にはガルガブゲンボルトから3体の対面選出が強く、それらからの選出がほとんどであった。メタモンはボルトからの展開が想定できた場合のみ選出し、オニゴーリは刺さるとはっきりわかるパーティに出すもしくは他のポケモンで戦うのが不利だと確信したときに出したくらいだった。しかし、メタモンオニゴーリを使いこなせないのは経験や展開予測能力の不足もあると思うのでメタモンゴーリの枠が一概に弱いとは言えない。しかし試験的に作った構築であるのにもかかわらずある程度戦えたのはガルガブゲンボルトの性能の高さからではあったとは思う。

 

最高レート2166

最終レート2110(104位,TN:さにでんそん)、2077(184位,TN:たむらしぐれ)

f:id:tamurasigure:20160522181639j:plain