晴れ時々雨のちにさにでんそん!

夢か幻のさにでんそん!

【S16最終2166・最高2180】ボルトメタゴーリガルガブゲン【対面+害悪】

S16では以下の構築を使用した。

f:id:tamurasigure:20160522141545p:plainf:id:tamurasigure:20160522141604p:plain

f:id:tamurasigure:20160522141618p:plainf:id:tamurasigure:20160522142033p:plain

 

f:id:tamurasigure:20160522141717p:plainf:id:tamurasigure:20160522142105p:plain

 

f:id:tamurasigure:20160522142140p:plainボルトロス@オボン 悪戯心 図太い

184(236)-x-132(240)-145-101(4)-135(28)

十万ボルト/めざ氷/電磁波/威張る

f:id:tamurasigure:20160522142147p:plainメタモン@襷 変わり者 (性格不問、めざ氷、DL調整、S低)

155(252)-x-x-x-x-x

変身/x/x/x

f:id:tamurasigure:20160522142158p:plainオニゴーリ@残飯 ムラっけ 図太い

161(44)-x-144(244)-100-100-128(220)

守る/身代わり/絶対零度/氷の息吹

f:id:tamurasigure:20160522142212p:plainガルーラ@メガ石 肝っ玉→親子愛 意地っ張り

197(132)-159(236)-115(116)-x-101(4)-113(20) メガ前

197(132)-192(236)-135(116)-x-121(4)-123(20) メガ後

秘密の力/不意打ち/炎のパンチ/グロウパンチ

f:id:tamurasigure:20160522142225p:plainガブリアス@スカーフ 鮫肌 意地っ張り

183-200(252)-116(4)-x-105-154(252)

逆鱗/地震/ストーンエッジ/炎の牙

f:id:tamurasigure:20160522142238p:plainゲンガー@命の珠 浮遊 臆病

135-x-81(4)-182(252)-95-178(252)

祟り目/ヘドロ爆弾/催眠術/道連れ

 

 今期は新しい構築を使用しようと試行錯誤していたが思うように勝てず、前期の構築を再び使用していたところスムーズにレートを伸ばして行けたため同じものを使用することにした。オニゴーリの調整のみ変更点となっている。

 

 以下に採用した各ポケモンの個別解説を示す。

 

f:id:tamurasigure:20160522141545p:plain

ボルトロス@オボン 悪戯心 図太い

184(236)-x-132(240)-145-101(4)-135(28)

十万ボルト/めざ氷/電磁波/威張る

  対面構築に使用されるボルトに威張るを入れ、起点作成も行えるようにしている。相手のボルトには強くないので選出が予想される場合は他のポケモンを合わせにいく必要がある。威張るという技は起点作成のほかにもガブに対してめざ氷+威張る自傷で落とすことができたり、物理を削ってから威張ることで突破しアドバンテージを得ることができ非常に強力だった。威張るで突破できなくても裏のガルーラの不意打ちや高速アタッカーでリカバリーできるので特に問題はない。物理に対して行動回数を稼げるのは起点作成の際も優秀だった。

 

 

f:id:tamurasigure:20160522141604p:plain

メタモン@襷 変わり者 (性格不問、めざ氷、DL調整、S低)

155(252)-x-x-x-x-x

変身/x/x/x

 対面系や積み系、ヘラクロス入り等に対して出すことがある。選出率がかなり低いので検討されるべき枠である。しかし選出制限や積み抑制の役割を担うことができると考えられ、出した試合は割と活躍したので最後まで変更を行わなかった。

 

 

f:id:tamurasigure:20160522141618p:plain

オニゴーリ@残飯 ムラっけ 図太い

161(44)-x-144(244)-100-100-128(220)

守る/身代わり/絶対零度/氷の息吹

 前回との変更点である図太いBSオニゴーリ。B11n+1で高く、準速ガッサ近辺ラインを抜くラインを確保しつつH16n+1。従来使われていた最速オニゴーリのSは過剰だと考え、耐久に振ることで身代わりを残しやすくなったりガルーラに強くなるのでこのような調整となった。物理耐久指数は従来のものの1.3倍程度となっている。この調整にしたことでガルーラ入りにも出やすくなり選出率が上がったので正解だった。B+6でガルーラの親子捨身を身代わりが耐えたときは流石だと思った。他にも相手のガブのスカーフ逆鱗でゲンガーが突破された後このオニゴーリを出すことで逆鱗を受けながら身代わりを貼り守ることで身代わりを残しながら混乱させて起点にするといった動きも可能である。SをきったデメリットはS+1でメガゲンロップ等を抜けないことであるがほとんど気にならなかった。

 

 

f:id:tamurasigure:20160522142033p:plain

ガルーラ@メガ石 肝っ玉→親子愛 意地っ張り

197(132)-159(236)-115(116)-x-101(4)-113(20) メガ前

197(132)-192(236)-135(116)-x-121(4)-123(20) メガ後

秘密の力/不意打ち/炎のパンチ/グロウパンチ

 最強のポケモンであり汎用性の高いhAbガルーラ。対面性能、崩し性能ともに素晴らしくほぼ毎試合選出をしていた。炎のパンチは噛み砕くとの選択だがパーティで重いナットレイハッサムに強い炎のパンチを選択している。物理受けに対してグロパンで突破しにいかず秘密麻痺によりゴーリの起点にしていくこともある。もちろん物理受けを崩して裏のスカガブを通しに行く動きもできる。

 

 

f:id:tamurasigure:20160522141717p:plain

ガブリアス@スカーフ 鮫肌 意地っ張り

183-200(252)-116(4)-x-105-154(252)

逆鱗/地震/ストーンエッジ/炎の牙

 対面性能の高いスカーフガブリアス。ボルトガルゲンあたりと組ませ対面選出をすることができる。メガゲンバシャロップ等の厄介な高速エースに強いほか、環境に多くいて出てきやすかったウルガモスにも強い駒であるので非常に重宝した。

 

 

f:id:tamurasigure:20160522142105p:plain

ゲンガー@命の珠 浮遊 臆病

135-x-81(4)-182(252)-95-178(252)

祟り目/ヘドロ爆弾/催眠術/道連れ

 相手のガルーラへのクッションとなり、11交換を狙えるほかオニゴーリの苦手なハイボフェアリーに強いゲンガー。技構成はフェアリーへの処理性能が高い珠ヘド爆、11交換を狙えて汎用性の高い道連れが確定で、残り2枠は強い構成である催眠祟り目を入れた。命の珠は削り性能が高く優秀であったが、HPが珠ダメで落ちるところまで削れると道連れで11をとることができなくなってしまうことがあり、その辺の不安定さは気になった。

 

 

 

 実際の対戦での各ポケモンの選出率は、ガルーラ>ボルト、ゲンガー、ガブ>オニゴーリ>>メタモンの順であった。前期は対面選出が多かったが今期は調整を変えたこともありオニゴーリを出して行くことが多くなり、戦い方の幅が広がったので良かった。前期から使用し続けてきたので自身の構築への理解度も上がり安定して戦えるようになった。最終日の深夜に2100付近から潜り始めたが2ROMとも21を切ることなく戦うことができレートを伸ばすことができた。実力不足で22チャレまで到達することはできなかったが良い戦いはできたと思う。

 

最高レート2180

最終レート2166(36位,TN:たむらしぐれ)、2152(39位,TN:さにでんそん)

 

f:id:tamurasigure:20160719223553j:plain

f:id:tamurasigure:20160719223607j:plain

f:id:tamurasigure:20160719223617j:plain

f:id:tamurasigure:20160719223650j:plain  f:id:tamurasigure:20160719223710j:plain